中華そば 伊吹 – 東京・志村坂上

東京・板橋区前野町にある『中華そば 伊吹』さんに伺いました。
 

中華そば 伊吹』の三村悠介店主は、年間500食以上ラーメンを食べ歩き独学で開業された方。ラーメン職人からキングと呼ばれるほど、圧倒的な超絶煮干しの一杯を提供しています。入り口の扉には「濃い煮干しが苦手なかたはご遠慮いただいた方がよろしいかと思います。」と書かれており、一杯につき130g〜200g以上の厳選された煮干しを使用しています。昼は中華そばの提供で、日によって味つけがノーマル、ハードコアという表現で変更になります。夜は淡麗、濃厚の2種類があり濃厚で使用される煮干しの日によって異なります。ゲリラで限定メニューもあり、ファンはtwitterで共有される情報をチェックしお店に脚を運びます。
 

今回は夜営業で提供される『濃厚中華そば』と『和え玉』を頂きました。
 

都営三田線『志村坂上駅』A2出口より徒歩6分。

 

「初めての方は淡麗をおすすめします」と券売機に書かれる程の強烈な一杯を頂く事ができます。

 

卓上には、一味唐辛子と和え玉用の白しょうゆ、イカ酢。

 

お料理

濃厚中華そば 800円

 

和え玉 200円
麺の上には刻み玉ねぎとほぐされた鶏のササミ。醤油ダレと香油で味つけがされています。
最初はそのままで油そばのように頂き、途中で卓上の白しょうゆ、イカ酢をかけて頂きました。

 

トッピングは、チャーシュー、刻み玉ねぎ、海苔。

 

この日の煮干しは九十九里特撰背黒、特選伊吹いりこ。
パンチが効いた超絶煮干しのスープは煮干しの旨味と苦味がずっしりと口の中にブワッと広がり、ビターな味わいが中毒性抜群。

 

麺は三河屋製麺の加水率の低い中細ストレート麺。
小麦香るパツンと歯切れの良い麺はスープが良く絡み、スープと麺の相性が抜群。

 

厚切りの若干甘めに味つけされた豚バラ肉はトロトロ仕上げでビターなスープとの相性抜群。
ごちそうさまでした。

煮干しの塩味、苦味と旨味が強烈に効いたスープと小麦香る麺、そして厚切りのチャーシュー、玉ねぎのバランスが絶妙でクセになる一杯。
中毒性抜群!
ありがとうございました。

 
 

ご紹介したお店

『中華そば 伊吹』
営業時間:11:45~14:30、18:40~20:35(スープ終了次第閉店。)
定休日:日・月曜日
住所:東京都板橋区前野町4-58-10 見次パークマンション1F

banner_fad1

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

1981年10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。都内で働くサラリーマン。『こんな私でも、ほんの少しの価値ある情報を社会に発信できれば…』と思い、気ままにこのページを更新している。

Leave a Reply