支那そば 八雲 – 東京・池尻大橋

Pocket
LINEで送る

今年1月13日に移転した支那そばの有名店『支那そば 八雲』に伺いました。
 

支那そば 八雲』の稲生田幹士店主は、東京を代表する老舗『たんたん亭』で修行され、1999年に独立開業された方。提供する一杯は、やや甘めの白醤油を用いた白ダシ、濃口醤油を用いた黒ダシ、両方をミックスしたダブルの3つから選択します。
 

前回は白だしの一杯を頂いたので、今回は『黒だし 特製ワンタン麺』を頂きました。

東急田園都市線『池尻大橋駅』東口より徒歩3分。

 

ミックスを頂く場合は食券渡す時にスタッフに伝えます。

 

卓上には胡椒、一味、お酢、醬油が置いてあります。

 

 
 

お料理

黒だし 特製ワンタン麺 1,000円

 

トッピングは、チャーシュー、肉・エビワンタン、メンマ、ネギ、海苔。

 

丸鶏、豚肉、昆布、煮干しなど10種類以上の素材から抽出したスープ。
魚介の香りと動物系のコク、しっかりとした黒だしが味を支える。

 

若干ウェブが入った加水率低めの中細麺。
小麦香る歯ごたえしっかりとしたツルツル食感。

 

何度もオーブンから取り出し特製のタレが塗られジューシーに仕上がったチャーシュー。

 

名物のプリップリッな肉とエビのワンタン。
ごちそうさまでした。

じっくり身体に染み入るスープが本当にたまらない一杯でした。
ありがとうございました。

 
 

ご紹介したお店

『支那そば 八雲』
営業時間:[水〜日曜日]11:30~15:30、17:00~21:00
[月曜日]11:30~15:30
定休日:火曜日
住所:東京都目黒区東山3-6-15 エビヤビル 1F

banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

1981年10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。都内で働くサラリーマン。『こんな私でも、ほんの少しの価値ある情報を社会に発信できれば…』と思い、気ままにこのページを更新している。