支那そば たんたん亭 – 東京・浜田山

Pocket
LINEで送る

多くの独立店を輩出している支那そばの名店、東京・杉並区浜田山の『支那そば たんたん亭』に伺いました。
 

1977年創業。今年で40年を迎える老舗。たんたん亭の特徴は端が赤い焼豚とぷりぷりのワンタン。
目黒の『かづ屋』、今年店舗移転した池尻大橋の『支那そば 八雲』など多くの人気ラーメン店の店主が修行を行っていました。
 

今回は『ミックスワンタンメン』を頂きました。
 

京王井の頭線『浜田山駅』から徒歩1分。

 

口頭で注文を告げ、支払いは後払いのシステム。

 

卓上には、醤油、酢、ラー油と胡椒が置いてありました。

 

 

お料理

ミックスワンタンメン 1170円

 

トッピングはチャーシュー、ワンタン、メンマと海苔。

 

豚骨、豚ガラ、鶏ガラなどの動物系と鰹節、鯖節、昆布、煮干し、干しエビの魚介系やしいたけなどを使用したスープ。
醤油ダレは本返しの手法を採用し、火を通した後、一週間ほど寝かせて角をとったものを使用している。

 

麺は若干のウェブがある中細麺。

 

煮豚ではなく、焼き豚のチャーシューは脂身少なくあっさり味付け。

 

名物のワンタンは、薄皮の餡がたっぷりの肉ワンタンにプリップリッのエビワンタン。
ごちそうさまでした。

 
 

ご紹介したお店

『支那そば たんたん亭』
営業時間:11:00~20:30
定休日:年末年始
住所:東京都杉並区浜田山3-31-4

banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

1981年10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。都内で働くサラリーマン。『こんな私でも、ほんの少しの価値ある情報を社会に発信できれば…』と思い、気ままにこのページを更新している。