絶品プリプリワンタン!完成度が非常に高い黄金色の白だしスープの一杯『支那そば 八雲』

Pocket
LINEで送る

ほのかな甘みの白醬油と香り高い魚介、そして動物系のコクを感じる事のできるスープの上品な一杯を頂いてきました。
東京・目黒区にある『支那そば 八雲』に伺ってきました。
 

支那そば 八雲』の稲生田幹士店主は浜田山の老舗『たんたん亭』出身の方。たんたん亭系の特徴である、魚介と動物系の旨みが凝縮されたスープ、比較的白い細麺、そして餡がたっぷり入った肉とエビのプリプリワンタンに肉の旨みが凝縮された赤いふちが特徴の焼豚が提供されます。また、『支那そば 八雲』の大きな特徴はメニューがやや甘めの『白だし』と濃口醬油の『黒だし』と大きく2つに別れ、常連さんの中には両方をミックスで選択されている方もいました。
 

今回は白だしで『特製ワンタン麺』を頂いてきました。

yakumo01

東急田園都市線『池尻大橋駅』東口より徒歩10分。
外階段を上がって2階がお店です。

 

yakumo02

メニューは、白だし、黒だしの大きく2種類で構成が沢山ありとても迷うのが嬉しい悩み。

 

yakumo03

卓上にはホワイトペッパー、一味、お酢と醬油が置いてあります。

 

 
 

お料理

yakumo00

特製ワンタン麺 1,000円

 

yakumo04

トッピングは、肉、エビの雲吞3個ずつ、2種類のチャーシューが1枚ずつ、メンマ、海苔、ネギ。

 

yakumo05

豚の動物系と鰹節、鯖節、煮干しや干しエビや昆布などの魚介系スープ。
白醬油のほのかな甘みを感じつつ、あっさりしながらも奥深さも感じる事ができる。

 

yakumo06

麺は加水率が低めの角断面の細麺。
ほんのり小麦香る、歯ごたえしっかりの麺。

 

yakumo11

ほんの少し生姜香る豚肉を使用したしっとりジューシーな肉ワンタンと噛んだ瞬間にエビの香りが広がるプリプリエビワンタン。

 

yakumo09

チャーシューは鶏と豚。
下ごしらえした後、タレが塗られオーブンへ。恐らく、何回かタレを塗りオーブンという調理法で作られていると思われる。

ごちそうさまでした。
本当に完成度の高い一杯に大満足です!今度は黒だしを頂いてみます。
ありがとうございました。

 
 

ご紹介したお店

『支那そば 八雲』
営業時間:[月・木・金]11:30~15:30
[水・土・日]11:30~15:30、17:00~21:00
定休日:火曜日
住所:東京都目黒区大橋1-7-2 オリエンタル青葉台2F

banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

昭和56年(1981年)10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。ラーメンを中心にグルメの記事を書いてます。写真を調整して実物より“美味しく”できた瞬間に快感を感じるこの頃。読んでくださる方に少しでも参考になれば嬉しいです。