Japanese Soba Noodles 蔦 – 東京・巣鴨

Pocket
LINEで送る

6月15日より新味(しんみ)が始まった、世界初のミシュランガイド東京1つ星獲得ラーメン店、東京・巣鴨の『Japanese Soba Noodles 蔦』に伺いました。
 

蔦の大西祐貴店主のblogを確認すると、新味は「もっとシンプルになりラーメンっぽく」との事。丼も変わり、支那そばや創業者 故 佐野実さんの有田焼きのより美しい丼に変更になりました。
 

今回、私が伺った時はTVの取材が入っていました。
そして、撮影しているカメラの先には、つけ麺の王者 千葉・松戸の「中華蕎麦 とみ田」の富田治店主、ラーメン職人からも注目される名店 神奈川・湯河原の「飯田商店 らぁ麺屋」の飯田将太店主が実食されていました。
そして、その隣りに私が着席。。あんなに緊張してラーメンを待つのは初めてでした。。。
 

大西祐貴店主曰く、今回の新味はギリギリのタイミングでこの形にまとまったようで、富田店主、飯田店主は「おいしい!」を何度も仰っていました。
 

今回は、大西店主のblogで「最高に良い出来です!」と評価されていた『塩Soba』を頂きました。

JR山手線・都営地下鉄三田線『巣鴨駅』南口より徒歩3分。

 

新味前とメニューの構成は同じですが、醤油・塩Sobaのお値段が100円安くなりました。

 

新味前はお盆での提供でしたが、シンプルに大きい紙ナプキンとレンゲとお箸の卓上セットになりました。

 

お料理

チャーシューワンタン塩Soba 1,500円

 

トッピングは、2種類のチャーシュー、ワンタン、ロメインレタス、ボッタルガ(カラスミの一種)がかかった白葱、穂先メンマ。
最高級イタリア産白トリュフオイルが仕上げで掛けられています。

 

スープは、青森シャモロック、熊本天草大王、純系名古屋コーチンの3種の地鶏の丸鶏のみを使用し香味野菜の旨味をじっくり抽出した丸鶏スープ。大量浅利で採ったスープと濃密な魚介のダシを合わせたトリプルスープ。
塩ダレは、沖縄県ぬちまーす、栗國の塩、高知県の海一粒など数種類の塩を使用し、浅利、サーモン、乾物などの海産物のダシを合わせた塩ダレ。

 

麺は、ゆめちから、きたほなみ、イワイノダイチなどをブレンドし、
自然なコシを生む内モンゴルかんすい、小麦の旨味を引き出す沖縄県ぬちまーすと全卵を使用している。
香りよりも小麦の旨味に特化した滑らかな国産小麦の麺。

 

イタリア産「ホエー豚」のロース肉は低温で紅茶葉とローストされたもの。
スペイン産の「イベリコ豚」のバラ肉は醤油や赤ワインで煮豚に仕上げられたもの。
ロース肉の甘味とバラ肉の油の美味しさをご堪能下さいとの事。
ごちそうさまでした。

食べ進むと味が変わっていくのを感じ、本当に堪能させて頂きました。
ありがとうございました。

 

ご紹介したお店

『Japanese Soba Noodles 蔦』
営業時間:11:00~20:00(整理券制)
定休日:水曜日
住所:東京都豊島区巣鴨1-14-1 Plateau-Saka 1F

banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

1981年10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。都内で働くサラリーマン。『こんな私でも、ほんの少しの価値ある情報を社会に発信できれば…』と思い、気ままにこのページを更新している。