中華蕎麦 とみ田 – 千葉・松戸

Pocket
LINEで送る

ラーメン界の絶対王者。
千葉・松戸の『中華蕎麦 とみ田』に伺いました。
きっかけは、『Japanese Soba Noodles 蔦』に伺った時に隣に富田治店主が座って実食されていたので…朝5時半に家を出て松戸に向かう。
 

中華蕎麦 とみ田』は整理券制。
朝7時から食券販売がはじまり、1人で5名分まで購入する事ができます。
食券購入後、スタッフに名前と電話番号を伝え指定の時刻の5〜10分前に店舗脇ベンチに集合するというシステム。
お店に6時50分に到着し20名程が並んでいました。集合時刻は11時10分。
 

今回は、『中華そば』を頂きました。

JR常磐線『松戸駅』東口より徒歩4分。

 

メニューは、つけそば、中華そばの2種類。
常連と思われる方の多くが、チャーシューとメンマが付いている特製白飯を注文されていました。

 

「つけそば」は、お土産つけそば[冷凍]を購入し、半熟味玉と極太メンマと共に自宅で堪能いたしました。

 

 

お料理

中華そば 800円

 

トッピングは、2種類のチャーシュー、メンマ、柚子がのった薬味ネギ、メンマ、海苔とナルト。

 

大量の食材を20時間以上煮込んだ濃厚な豚骨魚介スープ。
重厚な動物系とキレある魚介系の強い個性のスープに負けない醤油は小豆島産濃口と銚子産薄口をブレンドし使用している。

 

国産小麦を使用し日本製粉と研究を重ねて作られたとみ田専用粉「心の味」を使用し全粒粉等を配合した自家製の太麺。
もちっとした食感、つるつるとしたノド越し、噛むほどに小麦の香りが広がる。

 

レアに仕上げられた豚ロースは程よい薄塩を感じるむっちり食感。豚バラ肉は脂の甘みを堪能する事ができます。
ごちそうさまでした。

富田店主も一昨日蔦に私がいた事を覚えており、挨拶してくださいました。
ありがとうございました。

 
 

ご紹介したお店

『中華蕎麦 とみ田』
営業時間:11:00~
定休日:水曜日
住所:千葉県松戸市松戸1339 高橋ビル 1F

banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

1981年10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。都内で働くサラリーマン。『こんな私でも、ほんの少しの価値ある情報を社会に発信できれば…』と思い、気ままにこのページを更新している。