えっ!男俺だけ!? カウンター席が女性で埋まる新感覚の野菜ラーメン『ソラノイロ japanese soup noodle free style』

Pocket
LINEで送る

新感覚のラーメンが東京・麹町で頂けるという事で行ってきました。
2011年創業の『ソラノイロ』です。
soranoiro01

東京メトロ有楽町線麹町駅から徒歩3分。

 

店主の宮崎千尋氏は『博多 一風堂』の力の源カンパニー出身で新店立ち上げプロジェクトなどに関わっていました。
 

同じ年に開業した東京・浅草橋『くろ㐂』、東京・北千住『牛骨らぁ麺マタドール』と新世代ラーメン3傑と雑誌に取り上げられるなど、開業時から話題になってるお店です。
soranoiro02

スタンダードな醤油と女性に人気のベジそば。
ベジタリアンの方向けビーガンベジソバのメニューがあります。

 

平日の21時ゴロに伺ったのですが、一番ビックリしたのが…カウンター席に座って食べてるのが俺以外全員女性!
それも全員1人でお店に来て、見た目ラーメン屋さんに行かなそうな女性も1人でカウンター席で食べてるのです。。。
(伝わりますかねぇ〜この感覚。。笑)
soranoiro03

卓上には、胡椒と一味。

という事で、見た目ラーメン屋さんに行かなそうな女性も食べていた『ベジソバ』を頂いてきました。
 
 

お料理

soranoiro04

特製ベジソバ 1000円
常識離れしたスープ、麺、具に野菜をふんだんに使用。一杯で100g以上の野菜を頂ける!

 

soranoiro05

玉ねぎ、キャベツ、人参で取ったベジタブルスープ。
米油で長ネギ、玉ねぎを揚げて香りを移した油。
活けムール貝を煮詰めて、イタヤ貝、昆布、サバ節などを合わせた天外天塩を使用した塩タレ。

 

soranoiro06

モチモチ食感のパプリカの粉末が練り込まれた平打ち麺。

 

soranoiro07

低温調理のチャーシューはしっとりやわらか鶏ムネと肉々しさの食感あるバラ煮豚。

 

soranoiro08

じゃがいも、パプリカ、水菜、キャベツ、人参にジェノベーゼソース。

 

soranoiro09

ねっとり半熟の味玉。

 

soranoiro10

ごちそうさまでした。
新感覚の一杯はとても優しいお味で女性の方に人気も理解できました。
また頂きたいです!
ありがとうございました。

 
 

ご紹介したお店

ソラノイロ japanese soup noodle free style
営業時間:[月~金]11:00~15:30、18:00~22:15(LO22:00)
[土・祝]11:00~15:30
定休日:日曜日
住所:東京都千代田区平河町1-3-10 ブルービル本館1B


banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

1981年10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。都内で働くサラリーマン。『こんな私でも、ほんの少しの価値ある情報を社会に発信できれば…』と思い、気ままにこのページを更新している。