バランス重視の豚骨魚介スープ!ラーメン評論家も絶賛する営業時間2時間半の超人気店『燦燦斗』

Pocket
LINEで送る

1日2時間半と限られた時間で営業している人気店に伺ってきました。
東京・東十条駅徒歩1分のところにある『燦燦斗』に伺ってきました。
 

燦燦斗』の後藤武店主はサラリーマンでしたが、開業を目指し脱サラしラーメン職人養成塾で修行をし独立します。店主が作るラーメンは評論家も高く評価され、豚骨魚介のスープ、自家製の麺、低温調理の豚ロースのチャーシューどれをとっても素晴らしいと評価さていたので、とても期待大で伺ってきました。
 

今回は『らーめん』を頂いてきました。

sansanto01

JR京浜東北線『東十条駅』北口より徒歩2分。

 

sansanto02

メニューは、らーめん、つけめん、辛つけ、油そばの4種類のメニュー構成。

 

sansanto03

卓上にはホワイトペッパー、一味とお酢が置いてあります。

 

 
 

お料理

sansanto00

らーめん 700円

 

sansanto04

トッピングは、豚ロースのチャーシュー、メンマ、カイワレ、ねぎ。

 

sansanto05

豚骨とモミジ、丸鶏を炊き込んだ動物系スープに、サバ節、煮干など魚介ダシを加え奥行きを演出。
あっさりしながらも重厚なスープの旨みを感じあっという間に無くなっていました。

 

sansanto06

ラーメン評論家の中でも高い評価を受ける麺は自家製の中太麺。
小麦の香り多加水率でモチモチ食感を楽しめ大満足!

 

sansanto07

低温調理の豚ロースのチャーシューもハイレベル!
肉の旨みを堪能できました。

 

sansanto08

メンマ、カイワレ、ねぎ。
ごちそうさまでした。
今度は麺の旨みを堪能できる油そばを頂いてみたいと思いました。
ありがとうございました。

 
 

ご紹介したお店

『燦燦斗』
営業時間:18:00~20:30
定休日:月・木曜日
住所:東京都北区中十条3-16-15

banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

1981年10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。都内で働くサラリーマン。『こんな私でも、ほんの少しの価値ある情報を社会に発信できれば…』と思い、気ままにこのページを更新している。