創作麺工房 鳴龍 – 東京・大塚

Pocket
LINEで送る

ミシュランガイド東京2017でラーメン店として2店舗目の1つ星を獲得した、大塚にある『創作麺工房 鳴龍』に伺いました。
 

初めて食べた時の感動は今でも忘れられない…
創作麺工房 鳴龍』の齋藤一将店主はホテルの中華料理店で勤務された後、『ちゃぶ屋』系列の『MIST』で修行された方。『MIST』は従来のラーメン店のイメージを脱却した店舗で、東京・表参道ヒルズと香港にオープン。2010年12月には「ミシュランガイド香港・マカオ 2011」で星1つを獲得した初のラーメン屋さんとして話題になりました。その『MIST』で料理長を務められた方です。齋藤一将店主は、2012年5月に『創作麺工房 鳴龍』を開業します。
 

一番人気は『担担麺』。私は過去に味噌玉がのった『麻辣坦坦麺』を頂いた事があります。今回伺った時も、ほとんどの方が担担麺を注文されていました。今回は、多くのラーメン批評家の方々から高い評価を得ている『醤油拉麺』を頂きました。

JR山手線『大塚駅』南口より徒歩6分。

 

ラーメンのメニューは辛麺、醬油、塩、そしてつけ麺があります。

 

卓上には、花山椒、胡椒のミルが置いてあります。

 

お料理

特製醤油拉麺 1,100円

 

トッピングは、3種類のチャーシュー、海老ワンタン、メンマ、九条ねぎ、味付玉子。

 

丸鶏と牛骨、野菜や数種の節系や生ガキなどで作られたスープ。
醤油ダレは和歌山産の濃口丸大豆醤油を使用しており品があり重厚な旨味とコクを感じる事ができる。

 

麺は複数の国産小麦を組み合わせて作られた自家製の中細麺。
高加水率で歯触りがとてもなめらか。

 

3種類チャーシューは香港焼豚と低温調理の豚肩ロースとバラ肉の煮豚も絶妙な仕上がり。
ごちそうさまでした。

多くの方が担担麺を注文されると思いますが、醤油・塩も本当にオススメです。
ありがとうございました。

 
 

ご紹介したお店

『創作麺工房 鳴龍』
営業時間:11:30~15:00 18:00~21:00
定休日:月曜日18:00~21:00、火曜日
住所:東京都豊島区南大塚2-34-4 SKY南大塚 1F

banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

1981年10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。都内で働くサラリーマン。『こんな私でも、ほんの少しの価値ある情報を社会に発信できれば…』と思い、気ままにこのページを更新している。