真鯛らーめん 麺魚 – 東京・錦糸町

Pocket
LINEで送る

東京・錦糸町の『真鯛らーめん 麺魚』が2017年4月29日に近くに移転したという事で伺ってきました。
 

2016年1月6日にオープンした『真鯛らーめん 麺魚』。
テレビ番組や各種雑誌に大きく取り上げられ、瞬く間に人気店となり連日の行列とスープ切れによる閉店時間までの終了が続いてました。今回の移転で、旧店舗はカウンター8席でしたが新店舗はカウンター16席と、2倍の席数でパワーアップしました。
 

前回は『真鯛らーめん』を頂きましたが、今回は橋本友則店主の自信作と言われている『濃厚真鯛らーめん』を頂きました。

旧店舗の前には「移転しました」の看板が。
仕込みなどで、今も使用されているようです。

 

JR総武線『錦糸町駅』南口より徒歩5分。

 

メニューは変わりませんが、日本語のメニューの下には英語のメニューのボタンが配置されていました。

 

お料理

特製濃厚 真鯛らーめん 1,100円

 

トッピングは、柚子がのったチャーシュー、鯛のほぐし身、小松菜、葱、海苔に鯛のエキスが注入された味玉。

 

鯛の濃厚なダシとモミジなどからとった鶏白湯を9対1でブレンドした濃厚スープ。
濃厚でありながら、全くおもたくなく、逆にさっぱりとしている。

 

麺は、北海道産小麦を使用したカネジン食品特注の石臼挽き全粒粉を使用した若干ウェブがかかった中細麺。
小麦香る、相性のよさを感じる事ができました。

 

豚肩ロースを桜のチップで燻製したチャーシューも文句なし。
ごちそうさまでした。

スープの最後の一滴まで存分に楽しめました。
真鯛も濃厚真鯛も、甲乙つけられない、その日の体調により左右される一杯と感じました。
ありがとうございました。

 

ご紹介したお店

『真鯛らーめん 麺魚』
営業時間:11:00~21:00
定休日:水曜日
住所:東京都墨田区江東橋2-8-8 パークサイドマンション 1F

banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

1981年10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。都内で働くサラリーマン。『こんな私でも、ほんの少しの価値ある情報を社会に発信できれば…』と思い、気ままにこのページを更新している。