真鯛らーめん 麺魚 – 東京・錦糸町

Pocket
LINEで送る

昨年1月6日にオープンした東京・錦糸町にある『真鯛らーめん 麺魚』に伺いました。
 

真鯛らーめん 麺魚』の橋本友則店主は築地市場の仲卸を経て和食店の料理人として修行し有名ホテルの料理人としても活躍された方です。スープのメインとして使用する鯛は、独自のルートで養殖生産地で有名な愛媛県・宇和島などから毎日朝絞めの新鮮な鯛を仕入れている。血抜き、湯引きなど丁寧に仕込みが行われ、鯛をとことん追求した一杯を提供しています。 
 
今回は『真鯛らーめん』を頂きました。
 

JR総武線『錦糸町駅』南口より徒歩5分。

 

淡麗・濃厚のらーめん、つけ麺と油そばのメニューラインナップ。 濃厚は鯛+鶏白スープの組み合わせ。

 

 

お料理

真鯛らーめん 800円

 

トッピングは、柚子がのった豚肩ロースのチャーシュー、鯛のほぐし身、小松菜。

 

鯛の中骨のみを6〜7時間煮込み鯛の旨みを抽出した鯛100%出汁。ドイツ産の岩塩を使用したスープ。
真鯛の香りと鯛の豊かな旨みとコクを存分に感じる事ができる。

 

北海道産小麦を使用したカネジン食品特注の石臼挽き全粒粉のストレート中細麺。
小麦の香りを楽しみながら頂くことができました。

 

低温調理され桜のチップを用いて燻製された豚肩ロースチャーシューはしっとりとした食感にほんのりスモーキー。
ごちそうさまでした。
あっという間にスープを飲み干して完食していました。
次回は店主の自信作と言われている『濃厚真鯛らーめん』を頂きに伺いたいです。
ありがとうございました。

 
 

ご紹介したお店

『真鯛らーめん 麺魚』
営業時間:11:00~(スープ切れまで)
定休日:月曜日
住所:東京都墨田区江東橋2-5-3 井上ビル 1F

banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

昭和56年(1981年)10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。ラーメンを中心にグルメの記事を書いてます。写真を調整して実物より“美味しく”できた瞬間に快感を感じるこの頃。読んでくださる方に少しでも参考になれば嬉しいです。