一度では理解できない三度通えばハマる食べ物ジロリアンへの道 第四弾『ラーメン二郎 八王子野猿街道店2』

Pocket
LINEで送る

ワイルドな味と量!
ラーメン二郎多摩地区の総本山『ラーメン二郎 八王子野猿街道店2』に伺ってきました。
いやぁ〜、凄かった。。。
jiro0501

京王相模線京王堀之内駅徒歩10分。
土曜日の11時10分頃に伺い店内で2人待っており、5分程待ちました。

 

ラーメン二郎 八王子野猿街道店2』は第二弾に伺ったひばりケ丘駅前店や新小金井街道店、栃木街道店等の数々のラーメン二郎名店を輩出したお店です。
 

元々は『ラーメン二郎 野猿街道店』という店名でしたが、2006年の移転に伴い『ラーメン二郎 八王子野猿街道店2』と店名が少し変更になりました。
jiro0502

八王子野猿街道店2の食券機。
紙で食券が発行されます。

 

ラーメン二郎 八王子野猿街道店2』は、昆布味、味噌カレー、カツオ、煮干しなど日によってかわる「きまぐれたまご」や、朝の7時〜9時限定で生玉子、ラー油などの調味料バーを設置し、自由に味を変えて頂く事ができる「日曜日モーニング」などの企画が開催され、根強い野猿ジロリアンが沢山います。
jiro0503

店内で待つ椅子の隣りにレンゲと濃い味を薄める用の『甘ッタレェ』がありました。

 

また、提供される一杯も、強烈なカネシ醤油の濃厚さと、爆発的なボリューム!
他のラーメン二郎店の『マシ』が野猿の通常の量という事もあり、「初回は「プチ」からお願いします!」や「初めての方大ラーメン禁止!」とお店の掲示板や、食券機に張り紙がされてました。
jiro0504

卓上は、ブラックペッパー、唐辛子、タレ。

 

では、4回目の今回も小ラーメン+豚の組み合わせの『小ブタ』を頂きました。
いやぁ〜、本当に『ラーメン二郎 八王子野猿街道店2』はワイルドした…
 
 

お料理

jiro0505

小ブタ 880円

 

jiro050a

コールは「野菜、アブラ!」。野菜がキレイに盛られ、豚のアブラは野菜の上に盛られます。
モヤシ:8 対 キャベツ:2

 

jiro0506

ド乳化系のカネシ醤油と豚汁の高次元のバランス。
甘さおよび油感を感じる事ができますが…強烈な醤油で濃さがハンパない!

 

jiro0507

やや柔らかに茹でられた小麦が香る平打ち麺はモチモチ食感でした。

 

jiro0508

シャキシャキのキャベツともやしにアブラをのせて頂く。
この組み合わせが私の定番になりつつある。。

 

jiro0509

超感動の野猿流巨大極厚の豚, 豚, 豚!
ホロホロ柔らかくて最高!大満足!!
ごちそうさまでした。

 
 

ご紹介したお店

『ラーメン二郎 八王子野猿街道店2』
営業時間:[火~金]11:00~14:00、16:30~23:00(麺切れにて終了)
[土]11:00~15:00、16:30~23:00(麺切れにて終了)
[日]11:00~17:00(麺切れにて終了)
定休日:月曜日
住所:東京都八王子市堀之内2-13-16

banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

昭和56年(1981年)10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。ラーメンを中心にグルメの記事を書いてます。写真を調整して実物より“美味しく”できた瞬間に快感を感じるこの頃。読んでくださる方に少しでも参考になれば嬉しいです。