寡黙な店主の一杯!一度では理解できない三度通えばハマる食べ物ジロリアンへの道 第三弾『ラーメン二郎 小岩店』

Pocket
LINEで送る

ラーメン二郎の中で非常に伺うのにハードルが高いお店『ラーメン二郎 小岩店』に行ってきました。
jiro0401

JR小岩駅北口徒歩3分。
木曜日の11時頃到着。4人待っていて10分程度で、店内へ。

 

ラーメン二郎 小岩店』は平日の10:30〜15:00営業。材料なくなり次第終了という、本当に限られた時間で営業している為、伺うチャンスがとても限られています。。
 

2005年11月にオープンし、ジロリアンの中では、『王道をいく正当派を守るお店』として高く評価されるお店です。
jiro0402

8種類の食券があります。

 

王道とは、トッピングの量を多くしたり、やたら乳化させたスープで勝負するラーメン二郎が、最近増えてきました。
その中で『ラーメン二郎 小岩店』は、本店の思想や味を引き継いだ一杯を頂く事ができると評判なのです。
 

ちなみに、、『本店は味にブレがある…』とジロリアンも言いますが、それはそれでラーメン二郎の魅力の1つでもあります。。。
jiro0403

卓上はホワイトペッパーと一味。
レンゲはありません。

 

という事で、3回目の今回も小ラーメン+豚の組み合わせの『小豚入り』を注文し、コールは「野菜、アブラ!」で頂きました。
 
 

お料理

jiro0404

小豚入り 850円
非乳化系のオーソドックスなラーメン二郎。
野菜はモヤシ:8 対 キャベツ:2でした。

 

jiro0408

乳化度ほぼゼロのクリアなショッパ系。
醤油辛さが、程よく舌を刺激するが、豚出汁とのバランスが絶妙。

 

jiro0409

小麦の香りがする平打ち太麺は若干カタメで茹でられている。
ちなみに小岩店ではカタメコールはできません。

 

jiro0406

ぶんわりとキレイに盛りつけされた野菜はシャキっとした茹で加減。
お決まりのアブラをのせて頂きました。

 

jiro0407

三田本店譲りの筋目の入ったしっとりとしたバラ肉でしょうか。大満足でした。
ごちそうさまでした。

 
 

ご紹介したお店

『ラーメン二郎 小岩店』
営業時間:10:30〜15:00
定休日:土曜・日曜・祝日
住所:東京都江戸川区西小岩3-31-13

banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

昭和56年(1981年)10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。ラーメンを中心にグルメの記事を書いてます。写真を調整して実物より“美味しく”できた瞬間に快感を感じるこの頃。読んでくださる方に少しでも参考になれば嬉しいです。