中華そば べんてん – 東京・成増

Pocket
LINEで送る

練馬区の成増に復活した名店『中華そば べんてん』に伺いました。
 

中華そば べんてん』の田中光勝店主が高田馬場で1995年創業。2014年6月にお店の老朽化などの理由で惜しまれつつ閉店。閉店日は徹夜組が出るなど熱烈なファンがいるお店でした。
約12年間勤めたお弟子さんは早稲田で、べんてんから譲り受けた製麺機と共に2015年5月『自家製麺中華そば としおか』を創業。瞬く間に人気店となりました。
 

そして、昨年9月18日成増で田中店主も息子の邦彦氏と『中華そば べんてん』を復活させました。
 

今回は、私が伺った時も多くの方が注文していた『塩ラーメン』を頂きました。

東京メトロ有楽町線・副都心線 『地下鉄成増』1番出口より徒歩3分。

 

メニューは、ラーメン、塩ラーメン、つけ麺があります。
ビール中を注文されている方も多く、お通しの山盛りメンマとチャーシューの切り落としで楽しまれていました。

 

卓上には、酢、豆板醤、ブラックペッパー、刻みにんにくが置いてあります。

 

お料理

塩ラーメン 中 900円

 

トッピングは、2種類のチャーシュー、白髪ねぎ、針生姜、メンマ、のり。

 

豚骨、鶏ガラ、サバ節などの魚介をしようしたスープ。
提供直前の仕上げで、熱々のサラダ油を針生姜とネギの上からジュッとかけ、風味と香ばしさがブワァッと広がる。

 

自家製の中太麺。
大きい鍋で5〜6人分を泳がせながら茹で、平ザルで水切りする。
白くて美しい麺は小麦の風味とコシが素晴らしい。

 

大判の肉厚チャーシューは薄味で肉々しさと柔らかさを堪能。
ごちそうさまでした。

本当に、素晴らしかった。。。また、頂きたいです。
ありがとうございました。

 

ご紹介したお店

『中華そば べんてん』
営業時間:11:00~14:30
定休日:日曜日
住所:東京都練馬区旭町3-25-2

banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

1981年10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。都内で働くサラリーマン。『こんな私でも、ほんの少しの価値ある情報を社会に発信できれば…』と思い、気ままにこのページを更新している。