極上の塩!高級地鶏と水産の高級ブランド関アジを使用した一杯『らぁ麺 やまぐち 辣式』

Pocket
LINEで送る

ミシュランガイド東京2015のビグルマンを獲得した『らぁ麺 やまぐち』のセカンドブランドが2015年9月17日にオープンしました。東京メトロ東西線東陽町駅の近くにある『らぁ麺やまぐち 辣式』に伺ってきました。
 

東京・西早稲田にある『らぁ麺 やまぐち』は鶏や魚介ベースの醬油系のラーメン店ですが、こちらは麻婆豆腐からヒントを得た『麻婆まぜそば』と2種類の高級地鶏を使用した『塩らぁ麺』を提供しています。『麻婆まぜそば』は山口裕史店主が麻婆好きという事で5年の歳月をかけて完成させた自信作みたいです。
 

ですが、今回は塩という気分だったので『塩らぁ麺』を頂いてきました。

yamaguchi201

東京メトロ東西線『東陽町駅』4番出口より徒歩1分。

 

yamaguchi202

メニューは『麻婆まぜそば』と『塩らぁ麺』の2つ。

 

yamaguchi203

店主の山口氏が一杯一杯丁寧に仕上げておりました。

 

 
 

お料理

yamaguchi200

塩らぁ麺 780円

 

yamaguchi204

トッピングはチャーシュー2枚に穂先メンマ、カイワレ、ねぎ。

 

yamaguchi205

比内地鶏と親丸鶏を使用した旨みが凝縮したスープ。
ムロアジ節や煮干しの魚介の出汁も加えている。
塩ダレはホタテ、日高昆布などの海産物に「海人の藻塩」、「モンゴル岩塩」で作ったタレに高級ブランド「関アジ」の魚醬を使用している。

 

yamaguchi206

京都の製麺所「麺屋棣鄂」で開発された加水率50%の超多加水の中細縮れ麺。
手打ち麺のような食感を楽しむ事ができる。

 

yamaguchi207

チャーシューは喜多方ラーメンのような豚バラ。
丁寧に調理され、柔らかくジューシーで素晴らしい。

ごちそうさまでした。
喜多方ラーメンを進化させ上品に仕上げた一杯というイメージでしょうか。
次回は『麻婆まぜそば』をお米と共に頂きたいです。ほとんどの方がこの組み合わせで頂いてました…
ありがとうございました。

 
 

ご紹介したお店

『らぁ麺やまぐち 辣式』
営業時間:11:30~15:00、17:30~21:00
定休日:木曜日
住所:東京都江東区東陽4-6-3 栗林ビル1F

banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

昭和56年(1981年)10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。ラーメンを中心にグルメの記事を書いてます。写真を調整して実物より“美味しく”できた瞬間に快感を感じるこの頃。読んでくださる方に少しでも参考になれば嬉しいです。