懐かしさと新しさを感じる一杯!鴨と醬油の香りが絶品な新しい時代の中華そば『中華そば しば田』

Pocket
LINEで送る

なつかしさと新しさが組み合わさった一杯を頂いてきました。
東京・調布市にある『中華そば しば田』に伺ってきました。
 

中華そば しば田』の柴田貴史店主は、吉祥寺で『音麺酒家 楽々』(現在閉店)で腕を磨かれた方で2013年11月28日に開店。メニューは青森県産の鴨ガラ、蛤などを使用した中華そばと伊吹島産の大量の煮干しと薄口醬油、白醬油を使用した煮干しそばがあります。
 

今回は『中華そば』を頂いてきました。

shibata01

京王線『仙川駅』より徒歩10分。

 

shibata02

メニューは『中華そば』と『煮干しそば』の2種類あり『らーめん』と『つけそば』から選択できる。

 

shibata03

卓上には胡椒と一味が置いてあります。

 

 
 

お料理

shibata00

中華そば 750円

 

shibata04

トッピングは、チャーシュー、メンマ、カイワレ、ネギ。

 

shibata05

青森県産の鴨ガラに会津地鶏、蛤など数種類の魚介を加えたスープ。
タレは生醬油、再仕込み醬油など数種類の醬油をブレンド。
芳醇な香りとほんのりとした甘み、その後にスープの奥行きぶわぁ〜っと口の中で広がりました。

 

shibata06

喉越し良い麺は三河屋製麺の低下水の細麺。

 

shibata07

柔らかくジューシーなチャーシューは、豚肩ロースを低温でじっくり焼き上げられたもの。
完成度が本当に高い!

 

shibata08

メンマの上にネギとカイワレ。

ごちそうさまでした。
ビジュアルに懐かしさを感じ、口の中では今の時代の先端を突き進め味が広がってきました。
素晴らしかったです。ありがとうございました。

 
 

ご紹介したお店

『中華そば しば田』
営業時間:11:00~14:30、17:30~20:30
定休日:土、日曜日
住所:東京都調布市若葉町2-25-20

banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

1981年10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。都内で働くサラリーマン。『こんな私でも、ほんの少しの価値ある情報を社会に発信できれば…』と思い、気ままにこのページを更新している。