職人技が光る極上の塩!出汁のスペシャリストが作る感動の一杯『饗 くろ㐂』

Pocket
LINEで送る

以前伺った時は金曜日限定のセカンドブランド『紫 くろ㐂』でしたが、今回は通常営業の『饗 くろ㐂』に伺ってきました。
 

店主の黒木直人さんは、料亭、イタリアンを経て料理人歴21年目にラーメンの業界へ。
国内外6種類の塩をブレンドした塩ダレを使用した『塩そば』は店主が得意とする一品は、職人技が光ります。
という事で、看板メニューの『塩そば』を頂いてきました。

kuroki201

JR山手線・京浜東北線・総武線『秋葉原駅』昭和通り口より徒歩7分。

 

kuroki202

レギュラーメニューは塩そばと味噌そば。
季節に合わせた限定メニューのクオリティも高い!

 

kuroki203

卓上にはやげん堀り七味唐辛子と乾燥梅干しが置いてありました。

 

 

お料理

kuroki204

特製塩そば 1,100円

 

kuroki205

この日は特別にスープに鴨を使用。
塩だれは海・山・湖と、塩の種類を全て使用し旨み、苦味、塩味それぞれの特徴を生かしている。

 

hototogisu206

ハルユタカ全粒粉、ゆめちからを中心に国産小麦をブレンドした麺。
軽くウェブがかかった中太麺は香り、コシを楽しむ事ができる。

 

kuroki207

豚のロースを特製のたれに2日間じっくり漬け込み香ばしく焼き上げ、低温で調理されたチャーシュー。

 

kuroki208

もっちりとした雲呑は肉餡と小海老の2種類が入っている。

 

kuroki209

ごちそうさまでした。
丁寧で上品な優しい一杯は職人技が光るとても感動的なものでした。
ありがとうございました。

 
 

ご紹介したお店

『饗 くろ喜』
営業時間:[月、火、木、土曜日]11:30~15:00、18:00~21:00
[水曜日]11:30~15:00
定休日:金曜日、日曜日
住所:東京都千代田区神田和泉町2-15 四連ビル3号館

banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

昭和56年(1981年)10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。ラーメンを中心にグルメの記事を書いてます。写真を調整して実物より“美味しく”できた瞬間に快感を感じるこの頃。読んでくださる方に少しでも参考になれば嬉しいです。