極上!華やかな香りの白トリュフオイルと世界最高峰のラードを使用した一杯『金色不如帰』

Pocket
LINEで送る

蛤を使用したスープの塩そば(塩ラーメン)を頂けるお店があるという事で行ってきました。
東京・幡ケ谷にある『金色不如帰』です。
hototogisu01

▲商店街の通りから一歩入ったところにあります。

 

金色不如帰』は、先月発売された「ラーメンWalker2015 23区版」で、総合ランキング3位に入ったり、「散歩の達人 2014年11月」号では『塩ラーメンの美しき世界』というコーナーで紹介されたお店です。
hototogisu02

▲この看板が商店街から見た時の目印になりました。

 

そば(ラーメン)のメニューは、醤油のそば塩そばつけそば塩つけそばと夜限定の鴨脂と蛤の細つけそばの5種類ありました。
hototogisu03

煮干そばは木曜日限定『一汁三にぼし 裏不如帰』の屋号で提供しています。

 

醤油のそばは今年リニューアルしたみたいで、フランス産セップ茸の自家製フレーバーオイルとフレークが加わり、スープに香りと深みが更に増したようです。
hototogisu04

▲卓上には、酢、一味と胡椒が置かれてました。

 

今回は、モンゴル岩塩、沖縄産海塩の2種類が使用されている『味玉塩そば』を頂きました。
 
 

お料理

hototogisu05

味玉塩そば 950円
塩漬けラードや白トリュフオイルが加わり、味のアクセントに!

 

hototogisu07

豚足、豚肉などを炊き上げた豚清湯。乾物で取った和風出汁。
そして大量の蛤で取ったスープのトリプルスープ。
アクセントに白トリュフオイルが加わり、あっさりながら素材の旨味をジワジワ感じる事ができる。

hototogisu08

全粒粉入りの中細ストレート麺。
麺肌滑らかで、しなやかなでスープに良く馴染みます。

 

hototogisu10

ムチムチ弾力のある豚チャーシュー。
噛む毎にお肉からの旨味がジュワーと湧き出ます。

 

hototogisu11

トッピングの真ん中の白いのがイタリア産塩漬けラード。
香りとコク、深みがとても贅沢な気持ちになります。

 

hototogisu12

黄身が濃厚な味わいでトロミ加減が絶妙な味玉。

 

hototogisu13

ごちそうさまでした。
極上の塩ラーメンを頂いた気分になりました。
ありがとうございました。

 
 

ご紹介したお店について

『金色不如帰』
営業時間:11:30~15:00 18:30~22:00
定休日:金曜日
住所:東京都渋谷区幡ケ谷2-47-12

banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

1981年10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。都内で働くサラリーマン。『こんな私でも、ほんの少しの価値ある情報を社会に発信できれば…』と思い、気ままにこのページを更新している。