神奈川淡麗系を代表する名店が激戦区目黒に移転。佐野実一門の味『麺や 維新』

Pocket
LINEで送る

神奈川の淡麗系を代表する横浜の名店「麺や 維新」が昨年の10月に激戦区・目黒へ移転しました。山水地鶏や薩摩赤鶏などの高級素材をふんだんに使った黄金スープに自家製麺が自慢のお店です。
 
ちょっと気になって行ってきました。
ishin02

▲目黒駅から徒歩5分の目黒通り沿いにお店がある。

 

維新は“ラーメンの鬼”と異名をもつ、先日お亡くなりになった佐野実氏の一門で、佐野さんを師と仰ぐラーメン店の店主たちが集まったチーム”佐野JAPAN”にも参加しています。
 
メニューの柱は、醤油と塩。
ishin03

▲塩らーめんはお休みでした。

 

しかし、塩らぁ麺は食材の都合で一時休止中でした。
お店のblogを読むと、今年の2月ぐらいからお休みさせてるみたいです。
 
席はカウンター席のみで、調理場を全席から見る事ができます。
ishin04

▲一杯ずつ鍋でスープを作る調理方法。

 
 

お料理

ishin01

特醤油らぁ麺 950円
丼は有田焼を用いるなど、細部にまでこだわっている。

 

ishin06

岡山・山水地鶏の丸鶏や薩摩赤鶏のガラ、モチ豚ゲンコツなどに魚介を加えたスープはじんわりと奥深い。
吉備地鶏の鶏油でコクと香り高さもプラス。

 

ishin05

5種類ブレンドしたプライベートブランド小麦を使用した自家製麺。
小麦の香りが高く、蕎麦のようななめらかな喉越し。

 

ishin07

肉自体の旨みを噛みしめられるタイプの豚チャーシュー。

 

ishin08

しっとりした食感の真空低温調理された鶏チャーシュー。

 

ishin09

餡がふわっとしていて、肉のジューシーさが感じるワンタン。
皮のトゥルンとした食感もあって秀逸。

 

ishin10

食感がよかったメンマ。

 

ishin11

半熟の黄身。茹で加減抜群!

 

ishin12

ごちそうさまでした。
次回は私が大好きな塩らぁめんを頂きたいと思います。
どんな塩か、再開が楽しみです!

 
 

今回ご紹介したお店について

『麺や 維新』
営業時間:11:00~15:00
17:00~23:00

住所:東京都品川区上大崎3-4-1 サンリオンビル1F

『麺や 維新』

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

1981年10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。都内で働くサラリーマン。『こんな私でも、ほんの少しの価値ある情報を社会に発信できれば…』と思い、気ままにこのページを更新している。