煮干中華ソバ イチカワ – 茨城・つくば

Pocket
LINEで送る

茨城県つくば市の知る人ぞ知る超有名店。
煮干しラーメンの先駆者とも言われている『煮干中華ソバ イチカワ』に伺いました。
 

私のような県外からも訪れる人も多く、ラーメン職人の中にもファンがおり、何度も足を運び研究して自分のお店に生かす方もいるお店です。
煮干しの名店が集まり「煮干狂會」というチームを結成しており、會長はイチカワの市川幸一店主でデパートの催事やチームの店舗での限定イベントなどで活動されています。ちなみに、「煮干狂會」に参加しているお店は、板橋の中華ソバ 伊吹、入谷の麺処 晴、恵比寿のおおぜき中華そば店と煮干中華ソバ イチカワの4店舗です。
 

提供しているメニューは、醤油・塩の煮干中華ソバ、茹で麺にタレやトッピングで構成された替え玉ならぬ和え玉と半熟茹で玉子に魚介ダレが注入された味玉、和え玉用の生卵ビール。券売機はなく、注文時にお支払いする形式です。今回は、『醤油 煮干中華ソバ』と『和え玉』を頂きました。

つくば駅とお店の途中にある、最新の科学技術や身近な科学を親しむ事ができるつくばエキスポセンター。
学術・研究都市としての筑波研究学園都市と体感する施設。

 

お店の最寄りのバス停「天久保二丁目」。
つくば駅から6分。

 

つくばエクスプレス『つくば駅』より徒歩30分。

 

 

お料理

醤油ソバ 750円

 

和え玉 200円
ソバを半分程食べてから注文するシステム。

 

ソバのトッピングは、チャーシューに玉ねぎ。

 

煮干しスープは濃厚ではあるが、想像してたより苦味、雑味は感じないマイルド。
甘みも感じられ、中毒性バツグン!

 

パツンパツン食感の低加水ストレート中細麺。
スープと良く絡み、相性も素晴らしい。

 

肉厚の歯ごたえある柔らかく、お肉の旨味が引き出されている。

 

和え玉のトッピングは刻みチャーシュー、煮干油、煮干粉、玉ねぎ。
卓上には和え玉用の酢が用意されており、全体を良く混ぜ合わせ、半分程其のままで、残り半分はスープにつけてつけ麺として召し上がると説明書きがある。
これはこれで大満足でハマる。
ごちそうさまでした。

また、行きたい!
次回は、塩ソバと和え玉を頂きたいです。
ありがとうございました。

 
 

ご紹介したお店

『煮干中華ソバ イチカワ』
営業時間:11時30分から80食前後
定休日:水・日曜日、祝日
住所:茨城県つくば市天久保2-9-2 A101

banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

1981年10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。都内で働くサラリーマン。『こんな私でも、ほんの少しの価値ある情報を社会に発信できれば…』と思い、気ままにこのページを更新している。