東池袋 大勝軒 本店 – 東京・東池袋

Pocket
LINEで送る

東京都豊島区南池袋にある『東池袋 大勝軒 本店』に伺いました。
 

つけ麺の元祖は『東池袋 大勝軒』をはじめた故山岸一雄氏が考案したと言われています。山岸氏が東池袋にお店を構えたのは1961年(昭和36年)。東池袋再開発の為、2007年3月に閉店しますが2008年1月に創業店から近い現在の場所に『東池袋 大勝軒 本店』として再開。現在は2代目が店長となり、山岸一雄氏の味を守っています。
 

今回は、看板メニューの冷たいつけ麺『もりそば』を頂きました。
 

taishoken01

東京メトロ有楽町線『東池袋駅』3出口より徒歩1分。

 

taishoken02

つけ麺は冷やと温かい2種類あり。中華そばも看板メニューの1つ。

 

taishoken03

卓上には2種類の胡椒と山岸一雄氏監修の花胡椒、おろしニンニク、豆板醤、酢、ラー油、一味。

 

 

お料理

taishoken04

もりそば 750円

 

トッピングは、チャーシュー、メンマ、ナルト、海苔、ねぎ。

 

taishoken06

豚のげんこつ、豚足と鶏を使用した動物系と煮干し、さばぶしなどの魚介系のダブルスープ。
つけ麺は濃厚系つけ汁が主流ですが、大勝軒はあっさりしており醤油・甘酢が加わってることもあり甘みと酸味を感じます。

 

taishoken05

麺は自家製の中太たまご麺。
加水率高めで、小麦が香りコシありツルツル食感。ボリュームもたっぷりで満足。
ごちそうさまでした。

 
 

ご紹介したお店

『東池袋 大勝軒 本店』
営業時間:11:00~22:00
定休日:水曜日
住所:東京都豊島区南池袋2-42-8

banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

1981年10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。都内で働くサラリーマン。『こんな私でも、ほんの少しの価値ある情報を社会に発信できれば…』と思い、気ままにこのページを更新している。