スープは鯛100%!宇和島産の朝締めのアラを使用した上品な塩ラーメン『鯛塩そば 灯花』

Pocket
LINEで送る

鯛100%のスープで作られた一杯を頂いてきました。
2015年4月に東京・曙橋にオープンになった『鯛塩そば 灯花』です。
 

つけ麺の人気店『塩つけ麺 灯花』の川瀬裕也店主が展開する2号店。
白を基調とした店舗は清潔感があり落ち着いた雰囲気で居心地の良い空間でした。ダシに使用する真鯛は宇和島産の「八十八鯛(やとやだい)」で直接業者契約し鮮度の高い朝締めのアラを空輸してるというこだわり。
 

そんな『鯛塩そば 灯花』で『鯛塩そば』を頂いてきました。

toka01

J都営地下鉄新宿線『曙橋駅』A1出口より徒歩3分。

 

toka02

メニューは鯛塩そば、鯛つけ麺、鯛茶漬け、鯛めし。
期間限定の新作、鯛そば秋味を提供していました。

 

toka03

鯛メニューしかない店内には、鯛の絵画が飾られていました!

 

 
 

お料理

toka00

鯛塩そば 800円

 

toka04

トッピングはチャーシュー、穂先メンマ、ネギ、麩。

 

toka05

愛媛・宇和島産の朝絞め真鯛が当日に直送されてくるので鮮度は抜群。
臭みが出やすい頭は使用せず、身の付いたアラのみを丁寧に煮出している。
高級魚ならではの上品なコクを存分に堪能できる。。

 

toka06

細麺は信州産など数種の小麦を配合。
ハリがありパツンとした食感で心地よい喉越し。

 

toka07

低温調理された豚ロースのチャーシュー。
上品な鯛出汁のスープを邪魔しない味付けでソフトな食感で噛む度に肉の旨みが広がります。
ごちそうさまでした。
ホッとなごむ上品な一杯でした。
ありがとうございました。

 
 

ご紹介したお店

『鯛塩そば 灯花』
営業時間:11:00~15:00、17:00~24:00
定休日:日曜日
住所:東京都新宿区舟町12-13 石原マンション 1F

banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

昭和56年(1981年)10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。ラーメンを中心にグルメの記事を書いてます。写真を調整して実物より“美味しく”できた瞬間に快感を感じるこの頃。読んでくださる方に少しでも参考になれば嬉しいです。