志奈そば 田なか セカンド – 東京・秋葉原

Pocket
LINEで送る

2015年12月30日にオープンした東池袋の人気店のセカンドブランド『志奈そば 田なか セカンド』に伺いました。
 

東池袋の『志奈そば 田なか』は、動物系のガラを一切使用しない出汁で作られた一杯で女性にも大人気のお店になりましたが、こちらの『志奈そば 田なか セカンド』は、大山鶏の丸鶏を使用した動物系のスープを使用しています。 
 
看板メニューの『アジ煮干し塩中華そば』を頂きました。
 

東京メトロ銀座線『末広町駅』3番出口より徒歩2分。

 

塩と醤油の中華そば、まぜそば、塩つけ麺が用意されており、限定メニューのボタンも存在しました。

 

卓上には、黒胡椒のミルが用意されていました。

 

 

お料理

アジ煮干し塩中華そば 780円

 

トッピングはチャーシュー、メンマ、ネギ、柚子の皮、海苔、味玉にスイスチャード(不断草)。

 

大山鶏の丸鶏、九十九里産のアジ煮干し、片口鰯、潤目鰯、内房産黄金アジ、鴨川産ムロアジ、ノルウェー産の真アジ、日高昆布、真昆布、干し椎茸を使用したスープ。
塩ダレはイタヤ貝を使用し、ヒマラヤのピンクソルトと沖縄の海塩で、旨味が強く、まろやかな塩ダレに仕上がっている。

 

麺は店主夫人の実家の製麺所『フジキン』の平打ち麺。
北海道産「ゆめちから」、イタリア産「デュラムセモリナ」を配合したものを使用しパスタのような麺はスープとの相性もよし。

 

チャーシューは4枚入っていました。
ごちそうさまでした。
夜間限定の30食限定の「至高の塩かけそば~房総の恵み~」を頂いてる方が多いので、次回頂いてみたいと思います。
ありがとうございました。

 
 

ご紹介したお店

『志奈そば 田なか セカンド』
営業時間:[火~金] 11:00~15:00(L.O.)、17:00~20:45(L.O.)
[土] 11:00~20:45
[日] 11:00~18:00
定休日:月曜日
住所:東京都千代田区外神田3-4-1

banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

1981年10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。都内で働くサラリーマン。『こんな私でも、ほんの少しの価値ある情報を社会に発信できれば…』と思い、気ままにこのページを更新している。