ミシュランビグルマンのお店!トロトロのバラと肉肉しいロースがのった鶏のうまみが詰った一杯『中華そば しながわ』

Pocket
LINEで送る

昨年12月に発売されたミシュランガイド東京2015のビブグルマンにも選出されたお店です。
東京・西池袋にお店を構える『しながわ』に伺ってきました。
 

『しながわ』は、池袋の「BASSO ドリルマン」のセカンドブランドとして2013年6月25日にオープンします。店主の品川隆一郎氏は東池袋大勝軒系七福神や、大塚 大勝軒、川越 大勝軒や地雷源で修行された方で、2007年6月3日『中華そば ゼットン』で独立。その後、2008年11月1日から麺を鍛練する人を英語にした「BASSO ドリルマン」と改名し営業中です。
 

昼と夜の2部営業で、提供するラーメンはそれぞれの時間で異なります。
今回は、『特製中華そば』を頂いてきました。

shinagawa01

東京メトロ有楽町線・副都心線『要町駅』より徒歩6分。

 

shinagawa02

昼の部は中華そば、煮干しそば、煮干しつけそばの3種の営業で、
夜の部は稲庭中華そばのみの営業でした。

 

shinagawa03

卓上にはブラックペッパーと一味。

 
 

お料理

shinagawa05

特製中華そば 1000円
ロース2枚、バラ3枚と小ブロックのチャーシューが隠れている、味玉、メンマ、海苔、ネギと盛りだくさん!

 

shinagawa06

鶏油が輝くスープは、地鶏をメインに煮干し、鰹節などを使用している思われるスープ。
魚介の香り、鶏のうまみと醤油がキリッとたつしっかりした味付け。

 

shinagawa07

麺は「BASSO ドリルマン」で作られたと思われる若干平打ちの中太ストレート麺。
ツルツルシコシコした食感にこだわりを感じる。

 

shinagawa09

しっかり味付けされた3種のチャーシュー。
チャーシューはバラはトロトロ、ロースはほんのりレアで肉肉しく味わえる。

 

shinagawa10

黄身がゼリー状に仕上げられた味玉。
ごちそうさまでした。

 
 

ご紹介したお店

『しながわ』
営業時間:11:30~15:30、17:00~21:00
住所:東京都豊島区西池袋4-19-14

banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

昭和56年(1981年)10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。ラーメンを中心にグルメの記事を書いてます。写真を調整して実物より“美味しく”できた瞬間に快感を感じるこの頃。読んでくださる方に少しでも参考になれば嬉しいです。