煮干そば 流。 – 東京・十条

Pocket
LINEで送る

5種類のクリアな煮干しを使用した一杯を提供する新店に伺ってきました。
JR埼京線十条駅前にある『煮干そば 流。』に伺いました。
 

煮干そば 流。』の手塚勇佑店主は中野の人気店「さいころ」で修行された方で2014年11月13日に独立し開業します。昔ながらの中華そばを意識しながら、こだわりの煮干しをふんだんに使用したクリアな煮干しスープを自家製麺で提供しています。
 

今回は、看板メニューの『煮干そば』を頂きました。

JR埼京線『十条駅』南口より徒歩1分。

 

メニューは「ラーメン」、「つけめん」、「油そば」もありました。

 

卓上には、辣油、酢、ブラックペッパー、胡椒、と一味が置いてありました。

 

お料理

煮干そば 750円

 

トッピングは、2種類のチャーシュー、メンマ、刻んだ長葱、玉ねぎとナルト。

 

一杯あたりに使用する煮干しは50g使用。
千葉県産の平子、ウルメ、シロクチ、セグロと鳥取県産のセグロの5種類の煮干しを使用し豚骨と一緒に炊く事でほろ苦ながらシャープな旨みのあるスープに仕上がっている。

 

小麦香る若干ウェブかかった中太麺。
つるっとモチッとした食感で喉越しも素晴らしい。

 

チャーシューは肩ロースが一枚、バラが二枚。
いずれも肉の旨みがしっかりとし、素材の魅力を引き出していました。

ごちそうさまでした。
こだわりを沢山感じる一杯でした。
ありがとうございました。

 
 

ご紹介したお店

『煮干そば 流。』
営業時間:[月・水〜金曜日]11:00~23:00
[土・日・祝]11:00~21:00
定休日:火曜日
住所:東京都北区上十条1-13-2

banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

1981年10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。都内で働くサラリーマン。『こんな私でも、ほんの少しの価値ある情報を社会に発信できれば…』と思い、気ままにこのページを更新している。