楽観 NISHIAZABU GOLD – 東京・港区

Pocket
LINEで送る

東京・西麻布の六本木通りから一本裏手に入った所にある、外観だけではラーメン屋さんと思えない隠れ家的なお店『楽観 NISHIAZABU GOLD』に伺いました。 
 

楽観 NISHIAZABU GOLD』は2016年3月1日にオープンした新店ですが、2011年6月から1年間『美麺屋 楽観』として同じ場所でお店を営業していました。こちらのお店はおだしにこだわっているお店で、当日炊きの丁寧に摘出されたおだしに、木桶仕込みの一等醤油が合わさった上品なスープを頂く事ができます。 
 

今回は『琥珀』を頂いてきました。

rakkan01

東京メトロ日比谷線『六本木駅』2番出口より徒歩7分。

 

rakkan02

ラーメンは『琥珀』、『特製琥珀』の2種類のみ。
特製は味玉が加わり、チャーシューがもう1枚増えます。

 

rakkan03

卓上には、一味唐辛子と胡椒が用意されていました。

 

 

お料理

rakkan04

琥珀 800円

 

rakkan00

トッピングは、チャーシュー、メンマと白葱にパセリがかかっています。

 

rakkan05

数種類のお野菜に、静岡県焼津市産本鰹厚削り、熊本県産片口鰯の煮干し、北海道産の高級昆布を。タレに元禄元年醤油醸造の楽観オリジナル醤油を使用し、オイルはイタリア産のオリーブオイル使用している。
鰹と煮干しの香り、円やかな旨味が口の中でひろがるとても上品なスープ。

 

rakkan06

小麦の風味良し、喉越し良しのストレート細麺。満足!

 

shinohara07

鹿児島霧島豚の低温調理された肩ロースのチャーシュー。
程よいやわらかさ、噛みしめる度に肉の旨味を感じる事ができます。
ごちそうさまでした。
特におだしにこだわりをもつ一杯に魅力され最後までグビグビ飲み干してしまいました。
ありがとうございました。

 
 

ご紹介したお店

『楽観 NISHIAZABU GOLD』
営業時間:11:00〜15:00
定休日:日曜日
住所:東京都港区西麻布1-8-12

banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

昭和56年(1981年)10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。ラーメンを中心にグルメの記事を書いてます。写真を調整して実物より“美味しく”できた瞬間に快感を感じるこの頃。読んでくださる方に少しでも参考になれば嬉しいです。