麺 髙はし – 東京・赤羽

Pocket
LINEで送る

東京・赤羽にある『麺 髙はし』に伺いました。
 

店主一人で切盛りされているお店。営業時間は比較的短く、カウンター7席の地元の常連客やファンも多く連日行列ができるお店です。
発券機は使用していない為、入店したら店主にメニューをお伝えする、会計後式になっています。
また、卓上にはセルフの魚紛と刻み玉ねぎがあり、刻み玉ねぎはスプーン3杯までは無料。それ以降は杯数によって値段が変わり自己申告制で、会計とは別に入り口のざるにお金を支払います。

そんな『麺 髙はし』で『らぁ麺』を頂きました。

JR『赤羽駅』東口より徒歩4分。

 

ちゃあしゅう麺や、肩ロース3枚と豚バラ5枚ほど入ったミックス肉麺を注文されてる方も多かったです。

 

卓上には卓上には魚紛と刻み玉ねぎ、白ごま、胡椒、豆板醤、一味唐辛子、酢、辛〜い酢、醤油タレが置いてありました。

 

 

お料理

らぁ麺 600円

 

トッピングは、チャーシュー、メンマ、ねぎ。

 

煮干し、サバ節、鶏ガラ、モミジ、豚足などを使用した魚介と動物系のダブルスープ。
煮干しの香り豊かな、優しい味わい。

 

麺は、浅草開化楼の中細麺を使用。
モチっとした食感で、スープもよく絡み満足。

 

豚バラチャーシューは提供直前にバーナーで炙られ、ほど良く香ばしく、そして柔らかく、脂のノリもよく言う事なし!
肉厚な歯ごたえ、と噛んだ時の塩梅の柔らかさがたまらない。
ごちそうさまでした。

東京でこのクオリティでこのお値段…ありがとうございました。

 
 

ご紹介したお店

『麺 髙はし』
営業時間:[平日]11:00~13:30、17:30~18:30
[土・祝日]10:45~12:45
定休日:日曜日
住所:東京都北区赤羽1-38-10 内山ビル 1F

banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

1981年10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。都内で働くサラリーマン。『こんな私でも、ほんの少しの価値ある情報を社会に発信できれば…』と思い、気ままにこのページを更新している。