ザ!中華そば屋!! 昭和のノスタルジーにひたりながら頂く一杯『中華そば 永楽』

Pocket
LINEで送る

本当にこういうお店大好き!
古き良き昭和の面影が残るお店『中華そば 永楽』に行ってきました。
eiraku01

JR京浜東北線・東急大井町線 大井町駅 徒歩1分。

 

中華そば 永楽』は昭和31年創業。
昔ながらの雑然とした大井町東小路にお店はあります。
 

16時ぐらいに『中華そば 永楽』に伺うと店内は満席。
ひと仕事終えた作業着のおじさんが瓶ビールをグラスに注ぎ、競馬新聞を広げて赤鉛筆で予想をしながら餃子をつっついていました。いいかんじです。。。笑
eiraku03

平ザルを使用した麺切りに職人技を感じました。

 

名物はワンタンメン、人気のもやしそば。
常連さんは「そば頂戴!」と、ラーメンを注文されてる方もいて、どれも満遍なく注文されてる印象でした。
eiraku02

この手書きのメニューも味があって良い感じ。

 

今回は、『もやしそば』を頂きました。
eiraku04

卓上には、自家製ラー油、胡椒、酢、醤油。

 
 

お料理

eiraku05

もやしそば 850円
あんかけ野菜炒めがとろりと上にのった昭和のルックスと味わいの一杯。

 
eiraku06

鶏ガラベースの濃い醤油味のスープ。
炒め野菜の旨味、香味油の香り、揚げネギのコクが溶け込んでいる。

 

eiraku07

歯ごたえがモチモチの平打ち中太の多加水麺。
あんが良く絡んで食べ応えあります。

 

eiraku08

もやし・人参・ニラ・豚肉。
香辛料が利いた野菜たっぷりの餡はトロトロ度がめっちゃ高く、最後までアツアツ!

 

eiraku09

ごちそうさまでした。
本当に貴重なお店です。不思議とまた行きたくなる。
ありがとうございました。

 
 

ご紹介したお店

『中華そば 永楽』
営業時間:11:30~22:00
定休日:月曜日、第3火曜日
住所:東京都品川区東大井5-3-2

banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

昭和56年(1981年)10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。ラーメンを中心にグルメの記事を書いてます。写真を調整して実物より“美味しく”できた瞬間に快感を感じるこの頃。読んでくださる方に少しでも参考になれば嬉しいです。