自家製麺 らーめん芝浜 – 群馬・桐生市

Pocket
LINEで送る

群馬県の人気店。
朝7時から10時まで「朝メニュー」を提供し、10時からレギュラーメニューを提供する『自家製麺 らーめん芝浜』に伺いました。
 

自家製麺 らーめん芝浜』は落語の名作を屋号にしているお店で、朝メニューの定食の名前に談志、米朝、枝雀、圓楽、三枝と使用されています。
イチオシメニューは10時のレギュラーメニューで提供されている『小麦三昧』。まぜそば、つけめん、らーめんで構成された麺のコース料理。群馬県産、北海道産小麦を使用し、それぞれの料理に合った麺で提供されるメニューです。
 

今回は、『小麦三昧 1,200円』を頂きました。

東武桐生線『新桐生駅』より徒歩20分。

 

10時からのレギュラーメニュー。
暑い日だったので冷やしらーめんを注文されている方も多かったです。

 

卓上には、七味唐辛子、黒胡椒、醤油、酢。

 

お料理

一品目:生揚げ醤油の低加水麺まぜそば
星野物産「黄金鶴」の小麦を使用したザクザク食感が特徴の麺。
タレは岡直三郎の生揚げを使用し混ぜると鰹など魚介の香りが上がる。

 

二品目:上州辛味大根のダイヤモンンドつけめん
北海道産「きたほなみ」の小麦を使用しもちもちつるつるの透き通る麺。
たまり醤油を使用した自家製ダレに群馬県産の絡み大根を使用している。

 

三品目:らーめん

 

トッピングはチャーシュー、メンマ、海苔、ねぎ。

 

北海道真昆布と名古屋コーチンをメインに節や煮干で旨味の強い無化調スープ。

 

麺は北海道産「春よ恋」の小麦を使用。
ぱっつん歯切れの良いコシが特徴で甘味がスープに溶け出す。

 

柔らかな豚バラチャーシューと旨味のある豚肩ロースの2枚。
何れも淡い味付けでスープとの相性も間違いなし。。。
ごちそうさまでした。

小麦贅沢三昧!大満足です‼︎
ありがとうございました。

 

ご紹介したお店

『自家製麺 らーめん芝浜』
営業時間:7:00~13:00
定休日:毎週水曜・第4火水木曜日
住所:群馬県桐生市相生町1-303-1

banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

1981年10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。都内で働くサラリーマン。『こんな私でも、ほんの少しの価値ある情報を社会に発信できれば…』と思い、気ままにこのページを更新している。