世界一のラーメングループ総本山!東池袋大勝軒山岸一雄氏の意志を継承する『麺屋 こうじ』

Pocket
LINEで送る

有名店をどんどん生んでいくグループがある。
その名は大勝軒有限株式会社が運営する『麺屋 こうじ』グループである。
kouji01

▲千葉県柏市にある『麺屋 こうじ』

 

大勝軒という名で気づく人もいるかもしれないが、ルーツは1961年から2008年に本店を閉めるまで数々の伝説をつくってきた東池袋大勝軒 山岸一雄氏。山岸氏の教えを忠実に守り、発展してきたのである。
kouji02

▲『麺屋 こうじ』のエントランスで東池袋大勝軒の歴史に触れる事ができる。

 

たとえば、『麺屋 こうじ』グループから巣立った人は、

など、業界を牽引する職人かつ経営者が多い。
kouji03

▲『チャーシュー麺』、『チャーシューもりそば』は昼のみの限定メニュー。

 

優秀な人材を世に送っている理由として、『麺屋 こうじ』グループオリジナルの独立支援制度がある事も大きい。グループの店舗で住み込みで働き、複数の店舗で修行し独立までサポートしてくれる。
サポートと聞くと楽に感じるが、当然ながら修行期間はとても厳しく、その一部がWebサイト内で富田氏、坂本氏、長濱氏から語られています。
 

グループの目標は
暖簾分けにより独立した店主が成功する事はもちろん、暖簾分けした店主から新たに独立出来るような人材(孫弟子)を育てる事。
東池袋大勝軒会長 山岸一雄の教えを代々と伝え、より多くのお客様に喜んでいただく事。
kouji04

▲卓上。

 

そんなグループの総本山、『麺屋 こうじ』の店舗に行ってきました。
 
 

お料理

kouji05

▲特製もりそば 980円
この内容で1000円以下はお得。

 

kouji07

▲麺の上には、焼豚3種、味玉、ホウレンソウ、メンマと海苔3枚。

 

kouji06

▲スープの中には魚粉が入っている。

 

kouji08

▲スープ割の干しシイタケベースの和風出汁。

 

kouji10

▲トロみが粘度高めのスープは豚骨、魚介と野菜の甘味も感じる。

 

kouji11

▲北海道産の小麦を使用した全粒粉麺。
小麦の香りを感じる事ができる。

 

kouji14

▲豚トロ。

 

kouji13

▲豚ロース。

 

kouji12

▲肩バラ。
チャーシュー3種は出す前に軽く炙られている。

 

kouji15

▲メンマ、ホウレンソウ、味玉とバランスよくまとまっています。

 
 

ご紹介したお店

麺屋 こうじ
営業時間:11:00〜17:00, 18:00〜24:00
場所:千葉県柏市旭町1-4-15


banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

昭和56年(1981年)10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。ラーメンを中心にグルメの記事を書いてます。写真を調整して実物より“美味しく”できた瞬間に快感を感じるこの頃。読んでくださる方に少しでも参考になれば嬉しいです。