カッパドキア一帯で最も高い場所。尖った岩という意味を持つ小さな村『ウチヒサル』

Pocket
LINEで送る

ギョレメとネヴシェヒルの中間にある小さな村でトルコ語で「尖った岩」という意味の『ウチヒサル』。

 

村の中心に岩山がそびえており、周りからの侵入を防ぐための城塞として利用されてました。
uchisar01

▲カッパドキア一帯で最も高い場所。
天空の城ラピュタに出てきそうな光景が広がっていました。

 

岩の表面には数多くの穴が開いていて、その穴は鳩の巣となっています。
昔から住民は鳩の糞を集めブドウ畑の肥料として役立ており、火山性で土地がやせているカッパドキアならではの知恵です。
鳩が赤い色を好むため、巣の入口に赤い色でペイントしてあります。
uchisar02

▲ウチヒサルの逆側は白く波打つ岩肌の美しい渓谷『ホワイトヴァレー』を眺める事ができます

 

道沿いには観光客向けのお土産屋が並び、様々な国の人が買いものをしていました。
uchisar03

▲雑貨屋中心に並ぶお土産屋。

 
uchisar04

▲中国の集団に割り込みされ、店員さんも苦笑い…
Pocket
LINEで送る

Comments

comments