契約農家で作られた新鮮な野菜を使った料理が頂ける、タイ国商務省認定店本格タイ料理とベトナム料理も頂ける『ソムオー』

Pocket
LINEで送る

5年ぐらい前からチョクチョクお世話になっていたヨガの先生に教えてもらい、新大久保の『ソムオー』に行ってきました。

このお店では、バジルをはじめ、インゲン、カイラン菜やベトナムシソなどの野菜を国内の契約農家さんから取り寄せて、
タイ料理とベトナム料理を作っています。
タイ料理に関しては、本場のタイ料理が味わえるレストランとしてタイ国商務省認定店を取得し、
20年以上営業しているお店です。

タイ料理と聞くと辛いイメージがありますが、日本人好みに味付けされ、
「辛くして!」とお願いすると本場の味を楽しめるみたいです…
実際は辛すぎて楽しめないみたいですが。。。

料理の量は、4人ぐらいで分けて食べるにはちょうど良い量だと思います。
タイ・ベトナム料理が食べたい時に、また行きたいお店の1つです。

 
 

お料理

somuo1

生春巻き(ゴイ・クオン)842円
タイ語で「ポッピアソッ(ト)」、ベトナム語で「ゴイ・クオン」と言われる生春巻き。
本場ベトナムから直輸入しているライスペーパーに海老はブラックタイガーを使用。
秘伝の自家製ダレにつけて頂きます。

 

somuo2

春雨サラダ(ヤムウンセン)961円
日本人が一番注文するサラダみたいです。

 

somuo3

カイラン菜と豚肉の炒め(カナームークロップ)890円
気候に左右されやすいカイラン菜を使用した豚肉の炒め物です。
タイでは田舎の道端に生えているみたいですが、日本では貴重な野菜みたいです。

 

somuo4

蟹と卵のカレー炒め (プーパッポンカリー)1,512円
渡り蟹を使用した人気料理。タイの濃厚なカレーソースに身が甘い揚げた蟹をシャブリツイて頂きます。

 
 

今回紹介したお店のデータ

『ソムオー 新大久保店』
営業時間:11:00~24:00(L.O.22:45)
住所:東京都新宿区百人町1-11-24 YSビル1F

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

昭和56年(1981年)10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。ラーメンを中心にグルメの記事を書いてます。写真を調整して実物より“美味しく”できた瞬間に快感を感じるこの頃。読んでくださる方に少しでも参考になれば嬉しいです。