料理好きは一度行くべし!本格四川大衆料理を頂くスパイス好きが興奮する『蜃気楼』

Pocket
LINEで送る

ちょこっと海外旅行気分第3弾
飲食店で働く人に「オススメのお店を教えてください!」と相談されると必ず答える、本格四川大衆料理のお店「蜃気楼」です。
shinkiro01

▲知らない人は入るのを躊躇してしまう独特のオーラがあるお店。

 

先日も蜃気楼をオススメし、その方が食べログを見た瞬間、
なんすか?このお店!? 営業時間が19時15分から22時って!
と驚かれたのですが、マスターが19時にお店に到着するので19時15分からお店が開始というシステムになってます。

ちなみに、来店時は予約をした方が良いと思うのですが、当然ですが、19時前は誰もいない為電話は繋がりません。
あと、電話対応は愛想がありませんが、お店が忙しいので少し我慢してください…笑
 

お店は、JR埼京線板橋駅徒歩5分の所にあります。
shinkiro02

▲お店の中も独特の雰囲気が漂っている。

 

店内は所狭しと料理のメニューが張られてますが料金は書かれてません。
私の中では時価と思ってます。
ちなみにこの日は、4品と烏龍茶2杯で4,500円でした。
 

マスターは定期的に四川に行って食べ歩きをしてます。
なので、本場の味+オリジナリティという感じで全ての料理が仕上がってます。
shinkiro03

▲張ってないメニューもあるし、張ってあってもナイ時もある。

 

マスターは見た目怖いですが、話しはとても面白く料理好きの人は引き込まれていきます。
 

カッチャル バッチャルの人が来て、新しいカレーのメニューができたと言ってたよ
という情報から、
最近ハマってるのはセブンイレブンの冷やし中華。家で茹で直してから頂く
という独自のこだわりの話しだったり、
あれは料理と思えない!
など、実際はもっとトンガった言い方でしたが厳しい意見も聞く事ができます。
shinkiro04

▲こだわりが半端ないマスター。
食べ歩きが趣味で教えてくれるお店も間違いなし。

 

料理好きの方、スパイス好きの方、本場四川料理と紹興酒が好きな方はオススメです。
一度、独特のオーラがある蜃気楼の中に入ってみてはいかがですか?

ちなみに、麺料理一品のみの注文はできないのでご注意を!
 
 

お料理

shinkiro07

▲蒸した海老 グリーンチリソース
最近はじめたメニュー。身が大きくプリッとした海老。これだけでも大満足。

 

shinkiro08

▲グリーンチリソース
特製のグリーンソースを胡麻油で絡めている。
何度もこのタレで絡めて食べたいと思った。

 

shinkiro09

▲豚肉の水餃子
通常メニューは羊肉を使用だが、この日は豚肉で作ってみたと。
自家製皮は肉厚でモッチモッチリ!
もしかしたら小麦粉だけでなくタピオカ粉も入れてみたのかもしれない。
餡も肉汁とスパイスのマッチで大満足。

 

shinkiro10

▲水餃子の3種類タレ
右から自家製味噌+辣油、ネギと山椒、自家製味噌+胡麻油。

 

shinkiro11

▲麻辣鶏(マァラァジー)
辛く煮た丸鶏を唐辛子と山椒で炒めたお料理。
鶏肉自身がしっかり味付けされ噛めば噛む程味が変わるお料理。
見た目以上のスパイシーさは感じられないのでどなたでも頂けるお料理。

 

shinkiro05

▲燃面(ランミェン)
最近四川に行った後から作り始めた新メニュー。
四川和え麺和え麺。看板料理の担担面よりスパイシー。

 

shinkiro06

▲製麺所の特注麺。
本場の美味しい麺は小麦粉と米粉を使用しているのではないかとマスターは分析するが、こちらの麺には米粉は使用されていない。
モッチリした麺にスパイスが絡み病みつきになる。

 

shinkiro12

▲挽肉、ネギ、ナッツを山椒などのスパイスで炒めている。
「もっと辛くしてもいいかも」とマスターは考えているみたいだが、食べれない人が多くなるという事で抑えてるらしい。
スパイス好きな私は担担麺よりコチラがお気に入りになった。

 
 

今回ご紹介したお店について

『蜃気楼』
営業時間:19:15~22:00
定休日:日曜日、祝日
住所:東京都板橋区板橋1-33-1

食べログ:蜃気楼

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

昭和56年(1981年)10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。ラーメンを中心にグルメの記事を書いてます。写真を調整して実物より“美味しく”できた瞬間に快感を感じるこの頃。読んでくださる方に少しでも参考になれば嬉しいです。