煮干し中華そば 一燈 – 東京・江東区

Pocket
LINEで送る

東京・新小岩の名店『麺屋 一燈』グループが提供する、煮干しブランドのお店。2015年10月16日にオープンした『煮干し中華そば 一燈』に伺いました。 
 

麺屋 一燈』グループは5ブランドの屋号のお店が展開されており、どのお店も人気店。メインブランドの『麺屋 一燈』は並んで30分以内に食べる事ができればラッキーという印象です。 
 

今回伺った『煮干し中華そば 一燈』は、「家族連れにもゆっくり楽しんでいただける一燈」というコンセプトを掲げ、テーブル席も用意されていました。
 

今回は、看板メニューの『あっさり淡麗煮干しつけ麺(細麺)』を頂きました。

niboshi_itto01

JR総武線『新小岩駅』南口より徒歩3分。

 

niboshi_itto02

3種類のつけ麺に、煮干しラーメン。そして限定メニューが用意されています。

 

niboshi_itto03

卓上には、お酢、ラー油、醤油、一味唐辛子、ブラックペッパーが置かれています。
女性には嬉しい??ヘアゴムも用意されています。

 

 

お料理

niboshi_itto04

あっさり淡麗煮干しつけ麺(細麺) 800円

 

niboshi_itto05

煮干しをメインに使用された淡麗シャバ系のつけダレは煮干しの苦味やエグミなくとても上品に仕上がっている。
つけダレの中には鶏団子とみつ葉が入っており、良いアクセントになり存在感抜群。

 

niboshi_itto06

昆布ダシに浸かっている麺は、一燈グループの工場で作られた細麺。
「最初は麺そのまま食べてみて」下さいとオススメの案内があり、小麦の風味とほのかな甘みを感じる麺。

 

niboshi_itto07

豚バラチャーシューは巻きチャーシューでなく角煮系。
厚みもあり、味付けがしっかり食べ応えあり。
ごちそうさまでした。
期待を裏切らないクオリティでさすば一燈グループという感じました。
比較的並ばず入れるのも嬉しいです。
ありがとうございました。

 
 

ご紹介したお店

『煮干し中華そば 一燈』
営業時間:11:00~15:00/、18:00~22:00
定休日:年中無休
住所:東京都葛飾区新小岩1-23-7

banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

昭和56年(1981年)10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。ラーメンを中心にグルメの記事を書いてます。写真を調整して実物より“美味しく”できた瞬間に快感を感じるこの頃。読んでくださる方に少しでも参考になれば嬉しいです。