煮干しつけ麺 宮元 – 東京・蒲田

Pocket
LINEで送る

ラーメン激戦区の蒲田で、2015年4月の開店時から行列のできる人気店『煮干しつけ麺 宮元』に伺いました。
 

宮元達宏店主は、新宿に本館がある煮干ラーメン凪や新小岩の超人気店麺屋 一燈グループで修行を行った方。
麺屋 一燈時代から宮元店主の熱烈なファンはおり、私もその一人。東京・大塚に豚骨 一燈がオープンした時、宮元さんも期間限定で出勤されていた時、私も伺いました。
 

提供する一杯はニガミとえぐみも強いドロドロの煮干し系。
極上、極上濃厚、極濃の3種のスープでラーメンとつけ麺を提供しています。
また、6月10日に二郎インスパイア系の新店『ラーメン宮郎』を蒲田にオープンされました。宮元店主の勢いは増すばかりです!
 

前回は極上濃厚な一杯を頂いたので、今回は、濃度が一番ライトな一杯『極上煮干しそば』を頂きました。

JR京浜東北線『蒲田駅』西口より徒歩4分。

 

メニューは、極濃煮干しつけ麺、極上濃厚煮干しそば、極上煮干しそばの3種類のラーメン、つけ麺を提供しています。

 

卓上には、一味唐辛子、ブラックペッパー、リンゴ酢が置いてあります。

 

 

お料理

極上煮干しそば 780円

 

トッピングは、2種類のチャーシューにメンマ、玉ねぎ、海苔、三つ葉。

 

煮干しは千葉県産のカタクチ、背黒、白口などを使用しており、いっぱいあたり70gは使用している。
醤油ダレには丸大豆の生醤油ひしほを使用。醤油の旨みと煮干しと動物系からの旨みとコクも感じる。

 

麺は自家製のストレート細麺。パツパツの歯応えとコシが素晴らしい。

 

チャーシューは低温調理された豚肩ロースとバラの2種類を頂く事ができます。
ごちそうさまでした。

満足な一杯、ありがとうございました。

 
 

ご紹介したお店

『煮干しつけ麺 宮元』
営業時間:11:00~15:00、18:00〜21:00
定休日:水曜日
住所:東京都大田区西蒲田7-8-1 1F

banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

1981年10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。都内で働くサラリーマン。『こんな私でも、ほんの少しの価値ある情報を社会に発信できれば…』と思い、気ままにこのページを更新している。