ライダー来襲!煮豚の旨味・野菜の甘味がスープに凝縮された一日50杯限定の吉野の山奥の塩ラーメン『ラーメン河』

私が一番好きな塩ラーメンのお店です。奈良県吉野郡にある『ラーメン河』。
kawa01

▲吉野川沿いのくねくね進んだ所にお店があります。

 

老夫婦お2人で営業している小さなお店で、ツーリングのライダーがこよなく愛するお店です。
 

ご主人は大阪府堺市出身の寿司職人でした。
寿司屋を営みながらラーメン屋を開く夢を持ち、独学でスープ作りを続けていました。

平成元年、奈良県の吉野の山奥にひっそりお店をオープン。
自分でコツコツお店を改装しながら続けていきました。
kawa03

▲1日50杯の塩ラーメンを食べる為、3時間半前に5組の先客が。。

 

メニューは塩ラーメンとまぐろ丼、とり丼、おにぎり、鉄火巻、新香巻、胡瓜巻。
kawa04

▲ラーメン屋さんとお寿司屋さんのミックスメニュー。

 

鮪は隔週で鶴橋の市場まで買いに行ってるそうで儲けは…全くナシ。
「もうちょっと量を減らしたら?」という質問に「それがなぁ、みんなそう言うけど、でけへんねん!!」とご主人。
お店の評判は口コミで広がり、ネットの力もあり、とてつもない行列店になりました。
kawa05

▲卓上にはブラックペッパーのみ用意されています。

 

いまではテレビでも取り上げられるお店になり、伺った時にはMBSテレビ(TBS系列)の毎週土曜日あさ8時から放送中『知っとこ!』の撮影が入っていました。
9月20日の放送で『山奥にひっそりあるのに大人気のラーメン』というコーナーで取り上げられ、藤岡弘さんがお店を紹介します。
ツーリングのライダーと仮面ライダーでかけてるのでしょうか…
kawa16

▲取材も受けました…
どうなるでしょうか。。

 

吉野の自然豊かなロケーションとご夫婦の人柄が詰ったお料理。
これ以上有名になってしまうのは複雑な気持ちだけど…1人でも多くの人に知っていただけるのは嬉しいです。
 
 

お料理

kawa08

▲塩ラーメン 700円
この透き通ったスープに煮豚、白菜、メンマ、ゆで卵のビジュアルが美しい!

 

kawa10

▲透き通ったスープは鶏ガラと魚介出汁からつくられ、白菜の甘み、煮豚の旨味が感じられる。
柚子の皮を剃っていれているのでサッパリ感を楽しむ事ができる。

 

kawa09

▲麺は中細ストレート麺。
コシあり喉越し良し風味もよくいい感じ。

 

kawa14

▲分厚い煮豚はシンプルな塩味。
スープにマッチする味つけでクドくなく噛めば噛むほど味が染み出る。

 

kawa13

▲白菜の甘味を感じる事ができ、シャキシャキ食感。

 

kawa11

▲メンマは軽くザクザク食感。

 

kawa12

▲煮卵は固めでスープを濁さず、スープにベストマッチ。

 

kawa06

▲まぐろ丼 500円
ぶつ切りのまぐろの漬けは、酢の効いたご飯と相性抜群。

 

kawa07

▲とり丼 400円
ごま油で炒めタレをしっかりと絡めており香ばしい。

 

kawa15

ごちそうさまでした。
今日は10時前に一日分の販売終了。
難易度が高くなってるお店になり複雑な心境ですが…
ご夫婦には気長に、一日でも長く営業して頂きたいです。

 
 

ご紹介したお店

『ラーメン 河』
営業時間:11:30~14:00
※客数を約50人に限定しており、朝から順番待ちのシートに名前を書いて待つ。
定休日:木曜日、第1・第3水曜日
住所:奈良県吉野郡吉野町菜摘470

食べログ:『ラーメン河』

Comments

comments