魚介の宝石箱や〜!旬の新鮮な魚のアラを火で炙って炊き上げた出汁が絶品の美しく透き通った塩ラーメン『麺屋 海神』

Pocket
LINEで送る

新鮮な魚をのアラを使用した塩ラーメン専門店『麺屋 海神』に行ってきました。
kaijin01

▲JR新宿駅東南口徒歩30秒のビルの2階にあります。

 

麺屋 海神』では、毎日仕入れる新鮮な魚のアラを一度火で炙って、丹念に炊き上げた出汁を作っています。
ちなみに『アラ』とは、魚の下ろし身を取ったあとに残る頭部、骨、エラ、ヒレやそれらに付着した肉の事を言います。
kaijin02

▲その日の魚のアラは店内に貼ってありました。

 

アラは入荷する魚が毎日異なり、季節によってはもちろん、日ごとにスープの味も変わります。
kaijin10

▲卓上には白胡椒、お酢、一味が置いてあります。

 

今回はお店の看板メニュー『あら炊き 塩らぁめん』を頂きました。
 
 

お料理

kaijin04

あら炊き 塩らぁめん 800円
正に淡麗。美しい透き通ったスープ。

 

kaijin06

この日のスープは真鯛、平政、平目、鮭、穴子の5種のアラアラを使用。
魚介の旨みがどっと口の中に押し寄せては返す波のよう…日々変わるのも面白いですね。

 

kaijin07

二種類の小麦粉をブレンドし炭で浄化した水で練った特注の細麺。
小麦粉のグルテンを結束させ、コシを生み低温で熟成させてから使用しているようです。
細麺ながらしっかりしたコシもあります。

 

kaijin08

鱈のすり身に海老を練り込んだつみれ。

 

kaijin09

細かく叩いた軟骨を散りばめた鶏つくね

 

kaijin05

プラス150円で「へしこ焼きおにぎり」を注文。
香ばしく焼かれたへしこの香りが漂うおにぎりを…

 

kaijin11

食べ終わったスープに投入し雑炊風にいただきます。

 

kaijin12

ごちそうさまでした。
本当に美しいスープに味の変化をもたらす白髪ねぎ、みょうが、針しょうが、大葉、糸唐辛子の五種類の薬味。
そしておにぎりでしめる満足の一杯でした。

 
 

ご紹介したお店

麺屋 海神
営業時間:[月-土]11:00~15:00 16:30~23:30
[日]11:00~23:00
場所:東京都新宿区新宿3-35-7 さんらくビル2F

banner_fad1

Pocket
LINEで送る

Comments

comments

千賀祐輔 / Yusuke Senga
Follow 千賀祐輔 / Yusuke Senga:

1981年10月9日生まれの埼玉県桶川市出身。都内で働くサラリーマン。『こんな私でも、ほんの少しの価値ある情報を社会に発信できれば…』と思い、気ままにこのページを更新している。